ごあいさつ

「第28回バイオメディカル分析化学シンポジウム(BMAS2015)」は平成27年8月21(金)〜22日(土)に長崎の地で開催されます。同じく日本薬学会物理系薬学部会主催の「第13回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム (PPF2015)」(平成27年8月20(木)〜21日(金))につきましても同じ研究室でお世話を任されましたので,連続開催といたしました。
BMASは1973年に「生体成分の分析化学シンポジウム」として発足以来,2001年には「バイオメディカル分析科学シンポジウム」と名を改め,本年度で第28回を迎える伝統ある会です。時代の進展に伴い,本シンポジウムも伝統的な分析化学に基づく生体試料分析や臨床化学分析に加え,バイオイメージング,種々のオミクス解析や新しい分離技術等を含むバイオメディカル分析科学研究の情報交換の場として発展してまいりました。
本シンポジウムの長崎開催はこれが初めてであり,今回は,「バイオメディカル分析科学への期待と提言」をメインテーマに掲げ,色々な研究分野からの分析科学への期待や最先端分析科学を含むシンポジウム,特別講演,一般演題(口頭,ポスター)ならびにランチョンセミナーからなる講演・発表を予定しています。また,博士課程・博士後期課程の大学院生を含む若手研究者を対象とした研究奨励賞の授与等も予定しておりますので,長崎大学文教キャンパスにて皆様のご参加をお待ちしております。